• 080-5062-1716
  • お問い合わせ

メニュー

ホーム > お知らせ&ブログ > 「はぐくむ」ということ 〜イベントを通じ感じたこと〜

「はぐくむ」ということ 〜イベントを通じ感じたこと〜

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月1日

おはようございます。本日から7月、そして月曜日、さらに2019年の上半期が終了、今日から下半期のスタート。何となく「改まったスタート感」が強いです。さて、今日はそろそろ「忘年会の企画しようかな」と考えているかたわらで感じていることがブログのテーマです。え?もう忘年会かよ?って思いました?

 

 

 

まずいなあ。ちょっとこれはまずいなあ!先週の土曜日に「かぽえいらであそぼうvol.2」が開催されました。なんというか、今回2回目だったのですが、雨の中40名以上集まって頂いて、もう、ちょっとこれはまずいなあ!!楽しすぎたのです。主催者がこんなことを言うもんじゃないということは、重々承知しています。しかし、喜びを表さざるを得ないのです。

 

 

 

思えば、僕は2004年、留学先のドイツで「感情をうまく表現できないコンプレックス」を抱えながら、カポエイラと出会い、かっこいいと思い、トレーナーの道を志しました。最初、初期衝動として「かっこいい」「たのしい」が僕を突き動かしました。しかし、人間というのは複雑なもので、徐々にそれが「うまくやらなきゃ」「つよくならなきゃ」に変わっていきました。それは楽しみを苦しみへ変えました。権利が義務に変わりました。そういう「無意識の圧迫」ってけっこう色んな所であるんじゃないかな。

 

 

 

義務で行う時間が増えれば増えるほど、モチベーションが落ちていきました。そして僕はついに、精神を病みました。ほんのちょっとの「ぼたんの掛け違い」です。その「ほんのちょっと」が人間を壊すのです。

 

 

 

「あそぼう」

 

 

 

運動やスポーツにおいては「得点」「勝ち」「つよさ」「根性」さらに、教育においては「正義」や「清さ」「正しさ」が大切です。しかし僕は、どれにも増して「たのしく」が大切だと考えています。「誰かの正しさ」や「誰かのつよさ」が「誰かのたのしくない」を招くこともあるんじゃないかな。「たのしくない」はモチベーションの足を引っ張ります。だから、伝える時に使う「言葉」が大切なのです。「自分の言葉」や「ゆーもあ」が肝心なのです。感情と向き合う事、感情を言葉にすることを恐れないことが必須なのです。言葉は「人とたのしさをつなぐ糸」です。正しさやつよさというのは自分にとって「絶対神」になりがちだけど、他の誰かにとってはそうでもないかもしれないというゆとりはほんのちょっとは必要なんじゃないかな。

 

 

 

最後に、この機会に「教育」について改めて考えなおしました。僕はずっと「教えて育てる」のが教育だと思っていました。でも、今は違います。「教わりながら育む」のが今の僕にとっての教育です。なぜかというと、「しぶしぶ育てる」ことはできたとしても、「しぶしぶはぐくむ」ことってできないと思うからです。

 

 

 

「教育する側」が楽しめているのかな?はぐくむって、とっても難しいからこそ、みんなで考えていきたいね。

 

p.s.

インスタを始めました。ホームページトップから見れます

 

 

ナヴィーオ代表 山崎

Comments

  1. miwa okatani より:

    中3と小6の娘の母です。先日、親子カポエイラに参加させていただきました。
    「楽しむ」について、少し気になったのでコメントしました。

    「今日、学校楽しかった?」と聞きがちですが、子供は「楽しくなきゃいけないの⁈」とプレッシャーになる子もいるようです。
    また、ママに「育児楽しんでね!」も同様にプレッシャーです。一生懸命やってる上に楽しまなきゃいけないの⁇…と更に重荷に。
    最近、中3の娘のベテラン担任先生から言われた一言が忘れられません。
    「面白がる」
    子供達のやる事を、いい事も悪い事もいざこざも、どうなるかなぁと面白がって見守っているそうです。
    enjoyよりinterestの方が視野が広く客観的に捉えられるのかなと。
    私も、子供が小さいうちは一緒に楽しまなきゃと必死でしたが、成長してくると一緒に過ごす時間も減って、親子では解決できない事も増えてきます。その時に「面白がる」という考え方、視点には本当に救われました。
    あと、ありきたりですが「親」という字は「木」の上に「立って」「見守る」んだよ。とも言われました。
    本当にその通りですね。

    教育というより、育児の話になってしまいました。
    まとまらずすみません。

    • studio-navio より:

      miwa okatani様

      コメントありがとうございます。

      また、先日はイベントへのご参加、誠にありがとうございました。

      今回コメントを頂き、自分も改めて「たのしむ」ということの有難さを痛感しております。というのも、自分自身は「たのしむ」ことがかなり苦手な人間だったからです。世の中にはたのしむことを阻害するものごとで溢れていますし、「たのしもうとする姿勢」は状況によっては、自分勝手な態度に感じられたり、不謹慎な態度と成りかねないと思います。

      たのしむことを阻害する出来事、人間関係は日常に溢れています。また、楽しみたくても楽しめない状況や時期を、誰もが抱えながら年を重ねていくのだと思います。そういう状況に直面している人・子供に向かって、「楽しかった?」「楽しんでね!」と言葉をかけるのは、私も酷だと思っています。

      個人的には、自分の子供が学校を楽しめていないと感じた時は、「公園いこうか」とか「学校やすんでもいいよ」とつぶやく余裕は持っていてあげたいですし、知り合いのママが疲れていると感じたら、何も喋らずひたすらお話を聞いてあげたいと考えます。

      このブログは一見、「みんな、たのしもうぜ!」という趣旨に見受けられるかもしれませんが、本当の意図は実は違い、「思い通りにいかない状況の中でもなお、いつかまた楽しもうとする姿勢は人間の原点であり、権利であるんだよ」というメッセージを込めたつもりでした。困難に立ち向かうこともあれば、困難から逃げることもあって良いと思います。向かっている先に「たのしみ」があるかどうか、が私はとても大切だと考えています。

      至らない文章ではありますが、以後文章の書き方、伝え方を継続して改善していきたいと考えております。このように感想を頂き、誠にありがとうございます。

studio-navio にコメントする コメントをキャンセル

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ページの先頭へ戻る