• 080-5062-1716
  • お問い合わせ

メニュー

ホーム > studio-navioの記事

サウナコラム:「叱られる事」について

人から叱られて、イラっとしてしまう時と、 人から叱られて、真摯に反省できる時。 その二つの間には、どんな違いがあるのか、 僕は、今まではっきりとした答えを見出せないでいた。 タイミングなのか、体調なのか、はたまたその人との関係性なのか。 相手がどんなに冷静に諭してくれたとしても、 すっきり腑に落ちる時と、そうでない時が、間違いなくある。 どうしてなんだろ...

続きを見る

コラム:なぜ「運動を続ける」を新年の抱負にしてはいけないか

新年あけましておめで湯ございます。 今朝はこれから、地元流山にてサ活です。 お湯に浸かっていると元気が出てきて、新年の抱負でも掲げたくなってきます。 さて、「運動を続ける」を新年の抱負にした事はありますか? 僕はあります。 ところがこれ、多くの人が挫折を経験します。 脳が元気なうちは、まだいいのです。 なかなか「フレッシュな抱負」を「年の瀬」までキープで...

続きを見る

1月のスケジュールについて

        あけましておめでとうございます。       年明けは5日~7日まで出張の為、 8日から営業いたします。 6日と7日のキッズクラス、7日の大人クラスはお休みとなりますので、 お気を付けください。     ...

続きを見る

サウナコラムshort : 「天国の創り方」

暮らしの中に、 地獄のような瞬間はある(又はあった)だろうか? 僕はあるし、あった。 それは「ちょい地獄」のようなものから「リアル地獄」まで様々だ。       僕達一人一人が、 「誰しもある程度の地獄や地獄のような体験を秘めている」 という前提認識で社会生活を送れたとしたら、 より寛容な世の中を創れるんじゃ...

続きを見る

【旅エッセイ】long ver.「コラサォン・ボア」

Dear Mr. unknown friend.(親愛なる名も知らぬ友へ)       ブラジルのサルバドール州にバーハ海岸という場所がある。海岸沿いは綺麗に舗装され、早朝からランニングやウォーキングをする人で活気に満ち溢れている。僕はカポエイラの修行で3ヶ月程このバーハに住んでいた。道場までは、バーハの海岸からバスに乗って出かけていた。 ...

続きを見る

【日常コラム】short ver. 「心に虹を架ける」

「心に虹を架ける」     100円ショップのレジに並んでいら、 前に並んでいた子供が僕の顏を見つめてきた。 僕はその子と睨めっこで遊んでいたのだが、 母親が「やめなさい!迷惑でしょ」とその子を怒鳴りつけてきた。 怒鳴る直前、彼女はスマホを見ていた。     「ソーシャルディスタンス」とは果たして何...

続きを見る

【サウナコラム】:「焼け石に水だとしても」

トレーニングを終え、 僕はサウナの開店を待っている。 今朝の気温は20度だった。 それでもおじさんは、 真夏の如く汗だくなのだ。 あぁ早く、この汗を流したい。   「きゃあー超かわいい!」 後ろから黄色い歓声が。 マジかよ! 女子大生(たぶん)。 汗だくのおじさん、 ちょっと恥じらう。   「ちょ待てよ!」 さらに後ろからもう一人の...

続きを見る

【トレー二ングコラム】:「虚像を生きる」

金曜日の朝、トレーニングから帰ってきてデスクに向かっている。 30℃を下回る空気は涼しいどころか少し肌寒くさえ感じた。 またあの極寒の中でトレーニングをしなければならない日々もそう遠くはないだろう。 今日も間もなく8時からはパーソナルセッションが始まる。 その日のクライアント全ての情報に目を通す。そんな日々を続けて、もう14年経った。    ...

続きを見る

パンクスピリッツネバーダイ

【パンクスピリッツネバーダイ】       この写真には大きな矛盾があります。     子供にとって運動時にマスクをすることが、どれだけのリスクかご存知ですか? 人間の心臓や肺を要とする「呼吸をする力」は、身体のあらゆる器官の中で最も長期的に発育してゆきます。 つまり、呼吸は人間にとって...

続きを見る

【運動を通じ、日常をデザインできると世の中がほんのちょっと良くなるというお話】

木曜日は6:30-17:00までパーソナルトレーニング。セッションの合間に外へ出て、太陽の光を浴びてブリッジしている所です。     ところでスタジオナヴィーオには、シンプルにダイエットを成功させたい人もいれば、実は怪我や挫折で目標を失ったり、病などで生きる目的自体を喪失し、それでも前を向こうとする人も来てくれているんです。そのどちらでも無い方々も沢山...

続きを見る

ページの先頭へ戻る